幸せみぃつけた! 郵便局で
 

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便局で

一昨日のこと
暑さもぶり返す中 
どうしても 郵便局に行かなくてはならなくて
午前中に そろそろと 行ってきました。

郵便物の投函と小為替の調達と
貯蓄の預け替えなの。
発券機で順番をとってから
通帳を記帳しに ATMに向かってゆっくり移動。

すると ATMで
一人の年輩の男性が 振り込み用紙をもって格闘中。
「入らないなあ。あれっ。おかしいなあ」と
何度も かなり大きい声で言っているのに
後ろに並んでいる人たちは 局員さんを呼ぶでもなく
呼び出しボタンの存在や位置を教えるでもなく
時間が過ぎていく~~~~~。

横から ちょっと手元がみえたら 
その方は
通帳を入れるところに 振り込み用紙を入れてる!
ありゃ 大きさ違うのに 
気づかないのかなあ。

数人が並んで待っていたので(ATMは2台)
お節介とは思ったけれど
「あのぉ 上の方に振り込み用紙専用口がありますよぉ」
と言ってみた。
個人情報を見たと思われてはいけないので
(実際 みていないから)
斜め後ろから声をかけたの。

内心 怖い人だったら どうしよう。
無視されたら いやだな。
と思ったけれど
その方は 振り向いて にこやかに
「やあ ありがとう」と言ってくれたの。
良かったぁ。

ATMでの振り込みが 初めてらしいその方は
その後 格闘しながらも 
どうやら完了したらしい。(ほっ)

記帳を終え ロビーに戻ると
混雑していたので 待っている人に
「振り込みは ATMでお願いします。
説明しま~す」と局員さん。
タイミング悪いよね。
(もうちょっと早く来てくれたら
先ほどの方も 早くすんでよかったのに)

ATMの方が手数料お安いと、
民営化業務分担がらみか
どこの局もATM振り込みを進めてます。

でも
そんなこんなで ながく滞在していたので
民営化の説明リーフレットと団扇(うちわ)を
いただきました。 いただいたのは↓
郵便局での頂き物
うーん
麦茶にそうめんに団扇
余り物?
でも まだまだ使えるから 嬉しい!


またまた 暑くなったの。
でもね。
朝の室温がだんだん下がってきたの。
秋の虫たちも 元気になりました。
コロコロロ~!

関連記事

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

コメント

こんにちは♪

まみちゃんの一言で、その男性は救われましたね。
そういうのは全然お節介じゃないと思うなぁ。
局員さんもATMの様子を時々チェック出来るといいのにね。
そういうのって防犯カメラでチェック出来ないのかなぁ。

お疲れ様 且_(^-^*)

あけみちゃんへ

コメントありがとうね。

局員さん タイミングが悪くてね。
混雑しているとき 他の金融機関などでは
ATMのところやロビーに 
案内専門の職員さんがいたりする場合もあるわ。
待機していてもらえると 嬉しいんだけど。

そうそう 
局員さんも
フロアチェックができる体制だと いいのにね。
防犯カメラもそういう使い方ができると いいのにね。

お茶ありがとう~!
ふう~ ちょっと一息~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mamichan1.blog16.fc2.com/tb.php/646-2878a7b9

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

クリック募金

 

 

 

リンク集

最近の記事+コメント

 

 

プロフィール

 

まみ

  • Author:まみ
  • さだまさしファン
    プリモプエル大好き
    B型 双子座
    在宅酸素療法中

 

カテゴリー&検索

 カテゴリーはフレーム内 右の∨印で検索!

<< 全タイトルを表示 >>

 

月別記事数

 

 

ハート・プラスの会

 内部障害者にご理解を

ハートプラスの会 ハートプラスの会 

 

Flashリバーシ

 遊んでね。

by Orfeon

 

天気予報

 


-天気予報コム- -FC2-

 

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。